事業融資とビジネスローン

○事業融資とは

事業融資とは、個人事業主や法人が会社経営に必要となる資金をノンバンクや銀行より借り入れる「資金調達」方法のひとつです。事業融資にはいくつかの形態があります。

・担保融資

不動産や有価証券などの資産を担保にして資金を借り入れることです。経営状況が悪化して返済が不可能になった場合、担保を売却した資金を返済に充てることになります。貸主の貸し倒れのリスクが軽減されるため、担保融資は無担保融資と比べると金利が低く、利用限度額も高くなることが多いです。

・無担保融資

無担保融資とは、担保や保証人の必要なく資金を借り入れることです。ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が必要になります。貸主は貸し倒れのリスクを背負わなければならないため、無担保融資は担保融資と比べると金利が高く、利用限度額も低くなることが多いです。

・商業手形割引

企業の取引においては手形がよく使われます。手形とは一定の資格や権利を証明する書面のことであり、つまり、特定日に既定の金額を支払うことを約束した有価証券のことです。手形は特定日が到来して初めて現金化が可能になるため、しばらくは現金を受け取ることはできません。早期の現金化を希望する場合に利用されるのが商業手形割引です。商業手形割引は通常の手形とは異なり、すぐに現金を受け取ることができます。ただし、金額は通常の手形よりも多少減少します。

・売掛債権担保融資

売掛とは、代金の後払いを前提として商品を販売することです。売掛債権とは未収金を将来的に受け取ることができる権利のことであり、これを担保として資産を借り入れることを売掛債権担保融資といいます。売掛債権担保融資は実際の取引においては売買契約書などが使用され、販売完了から入金までに時間差がある場合に利用されます。

○ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、個人事業主や法人を対象とした民間金融機関のローン商品です。ビジネスローンとして取り扱われているものはほとんど小口、短期の無担保ローンであり、大手企業よりも中小企業をメインのターゲットとしています。

ビジネスローンは事業者ローンと呼ばれることもあり、事業融資と混同されることもあります。しかし、ビジネスローンと事業融資は厳密には異なるものです。ビジネスローンには、原則として担保や保証人が必要ない、年会費や入会金なども必要ない、提出書類が少なく手続きが簡略化されている、審査時間が短く即日回答が多い、小口や短期の商品が多い、といった特徴があります。

○ビジネスローンの歴史

かつて、ビジネスローンの取り扱いはノンバンクを中心として行われていました。しかし、現在は銀行でもビジネスローンに力を入れているところが増えてきています。ビジネスカードローンはその一つです。

ノンバンクのビジネスローンは金利が少し高いものの、審査に通りやすいのがメリットです。これに対して、銀行のビジネスローンは審査に通りにくいものの、金利が少し低いのがメリットとなっています。

○ビジネスローンの審査

統計によると、開業資金の平均金額は約1,350万円であり、その51パーセントが金融機関からの借り入れとなっています。ビジネスローンもその一つです。しかし、開業時に通常のビジネスローンを利用しようとしても、審査に通らないことが多いです。ビジネスローンの審査においては、経営年数と経営実績が非常に重要なポイントとなります。きちんとした経営を行っている個人事業主や法人ならばクレジットリスクも少ないと考えられるからです。開業時は経営年数も経営実績もまったくない状態なので、通常のビジネスローンの審査には通りにくくなっています。

新規開業者に向けて、開業資金用のビジネスローンなるローン商品の販売を行っている銀行やノンバンクもあります。開業資金が必要な場合、こうした専用のビジネスローンを利用するといいでしょう。独自の審査基準を設けているため、通常のビジネスローンよりも審査が通りやすいです。

法人カード・ビジネスローン比較ラボ